障害年金申請の壁

年金日本には、さまざまな社会保障が存在します。その中で、怪我や病気によって仕事に制限が出てしまうことや、一般的な生活が難しくなってしまっているような場合には、障害年金が支給されるのが重要です。条件としてもいろいろとありますが、主なところで行けば、障害認定基準を満たすというところになってくるでしょう。単純に怪我や病気で支給されると勘違いされることもありますが、これは完全な間違いです。認定が重要になってきますが、程度によっても違いがありますし、加入している年金でも支給金額が変わってきます。名称も異なることがあり、国民年金の障害基礎年金や、厚生年金の障害厚生年金などがあるのも注意点です。要件を満たすことによって支給されることになりますが、配偶者や子供の存在といった条件もあるため、かなり複雑な計算にもなってきます

基本として、生活支援を目的とした社会保障なのであり、簡単に認定されるものではありません。もちろん、障害を負ってしまったときに、支給を断るような正確なものではなく、正当な証明ができれば、何ら問題はありません。ですが、書類は複雑であり、簡単に作成できるものではないのも確かです。正確性も必要なことから時間もかかってくるため、本人が申請するだけではなく、代理申請といった方法もあります。そこで、専門家である社会保険労務士に相談して申請をしていく方法もありますので、参考にしながら確実に支給されるように進めてみてはいかがでしょうか。